HOME / 事業紹介 / 金型事業
順送型金型
 
30年の歴史を持っている金型製造技術を基に、リードフレーム生産用金型、ダウンセットツール、テーピングツールなど精巧で、安定的な製 作技術を持っております。特に、素材の厚さ0.1mmのSOT製品から、厚いPWTR製品までの多彩な高速順送金型を、まくれとスクラップの発生を防ぐ技術を用いて製作、生産しております。
   
剃刀プレス金型 金属ドームドームプレス金
 
 
生産製品目録
  - ヒートシンク、及びキャリヤフレーム用順次プレス金型
- 剃刀、テーピングツール、TABトリミングツール用プレス金型
- コネクターなど、小型電子部品製造用プレス
- 携帯電話機キーボード用プレス金型
 

Pot & Plunger

 
 
製品特徴
  - 超微粒子超軽素材を使用し、高温でも圧縮強度と耐磨耗性を維持
- 摩擦抵抗の極小化により、耐久性の増加
- 腐食しやすい環境に対応した特殊材質の素材使用
- TOWA, YAMADA, FICOなど様々な類型の製品の生産が可能
- 超軽合金素材から加工まで、韓国唯一の一環生産システムを実現し、合理的な価額と
  短納期を可能にする。
- ISO品質認証システムによる加工工程の標準化で、安定的な品質の製品を提供。
- 韓国及び日本の有名企業との長期間にわたる協力を通じて、品質の信頼性が検証さ
  れている。
   
非磁性金型
 
磁力を持たない特性で、フェライト成型金型用として使用されています。磁力性質が問題となる粉末成型DIE、CORE用などにお勧めです。 CIP,HIP処理を通じて、密度と耐磨耗度が向上され、金型の寿命延長は勿論、産出物の品質も向上されます。
   
精密金型部品
 
各種の金型及び工具類に用いられる多彩な種類の精密部品は、良質の製品生産とメンテナンス費用の節減に関わるので非常に重要です。シンウォン技術の先端の装備と精密加工技術を基 に製作された各種の精密部品は、長い間お客様に高く評価されてきました。
   
超軽合金ロール
 
シンウォン技術の超軽合金ロールは、主に線材生産に用いられており、最も進んでいる技術の圧延専用機に適用されると、高速生産が可能になり、画期的な生産性の向上をもたらせます。