HOME / 事業紹介 / 超軽合金
他社との材種比較
 
ISO Code Shinwon Tech Daegu Tech Shinseng Everloy S/V
K20 K20 K20 G2 KD05 H6N
K30 K30 K30 K30S KD10 H9N
D20 D20 GF20 KD20 H12N
K40 V40 DX2   KG40  
V50 DX5 SX5 KD40 H15N
M8 D65 SM8   H20N
E40 E35 DR35   H11C
K10-K30 SF12 UF12 SF12 EF05  
K30-K40 SF22 UF2 KF12    
K30-K45 SF18 UF15     H15F
SF20 UF20   EP20  
 
シンウォン技術の材種特性
 
Grade ISO Particle
Size(㎛)

Gravity
(g/㎤)

Hardness
(HVA)

TRS
(kgf/㎟)

Application
K20 K20 1.3 15.09 92.5 350 UP 木工用工具Tip
K30 K30 1.8 14.68 91.2 340 UP Ram, Cutter
V40 K40 1.8 14.40 88.0 370 UP 耐磨耗素材
E10 . 4.3 14.90 91.0 300 UP コンクリートドリル
E40 K40 6.0 14.50 88.6 300 UP 耐衝撃素材
E50 . 6.0 14.15 87.5 300 UP 耐磨耗, 耐衝撃用
E57 . 6.0 13.98 86.8 340 UP 耐磨耗, 耐衝撃用
H36D . 20 14.30 86.5 250 UP 熱間圧出金型
NM5D . 1.3 13.99 89.4 360 UP 非磁性金型
D20 K30 1.3 14.35 91.0 350 UP 高耐磨耗
M8 K40 6.0 13.20 83.0 300 UP 耐磨耗,耐衝撃用
SF12 K10-K30 0.5 14.30 92.5 380 UP リードフレームパンチ
SC31 . 0.5 14.80 90.5 350 UP リードフレームパンチ
SF18 K30-K45 0.5 14.10 90.5 400 UP リードフレーム金型
SF20 6.0 13.50 91.5 350 UP リードフレーム金型
SF22 K30-K40 0.8 14.30 92 260 UP POT
SHR05 . 0.6 14.50 89.0 280 UP 熱間圧延ロール
SHR06 . 0.6 14.30 89.5 280 UP
SHR30 . 0.6 14.11 86.5 290 UP
SHR35 . 0.6 14.10 86.5 280 UP 熱間圧延ロール特殊鋼
SHR40 . 0.6 13.82 86.4 280 UP 熱間圧延ロール
SHR60 . 0.6 13.55 84.3 280 UP
SHR61 . 0.6 13.50 85.0 290 UP
SHR70 . 0.6 13.33 84.0 280 UP
SHR80 . 0.6 13.00 81.0 270 UP 圧延ロール
SHR90 . 0.6 12.75 80.0 260 UP
SHR91 . 0.6 12.80 82.0 270 UP
 
T.R.S. (Transverse Rupture Strength)
 

等級 WC 粒度 (㎛)

重力
(g/㎤)

TRS
(㎏f/㎟)

硬度(HRA)

用途
SF-22 0.8 14.04~14.26 260~355 91.2~92.2 POT & PLUNGER
 

シンウォン技術の超軽合金は一般の超軽合金に比べ、非常に微細なWC結晶粒組織を持ち、Coとの結合強度が高いために、分散強化と粒子強化効果が大きく、強度及び耐性が高いです。
また、既存の一般的なWCの大きさより、もっと微細な大きさ( ~0.2㎛)とCoとWCとの混合均一性を高くし、硬度と抗折力、耐摩耗性などの機械的性質を向上させました。WCの粒子の大きさ(1.5~6.0㎛)とWC粒子との間のCo層の厚さが、短くなるほど、超軽合金の機械的特性が向上されます。つまり、WC粒子を大きさを小さくし、製品の寿命を極大化しました。